読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

果たして敵の罠なのか?

列王紀

サマリヤの町の門は堅く閉ざされて、
不気味な沈黙があった。

おい、どうする。

何をためらっているんだよぉ、、、
お前が言いだしっぺだろ。

ああ・・・
おおいぃぃぃぃ〜〜!!
おおいぃぃぃぃ〜〜!!
いつの間にか四人は声をそろえて叫んでいた。
小さかった明かりが、ちらちらと広がって、
彼らに注がれた。
いよいよ、敵が攻めてくるのか!
門内で一瞬緊張が走った。
が、それも静まって、
それからしばらくして、
ゆるゆると、見張り戸の小窓が開いた。

誰だ!!
こんな夜中に、声をかけるとは!

敵ではありません。
われらは以前、この町の中にいた者ですが、
病にかかり、門外で暮らす者です。
見てください!
われらは持ちきれないほどの食料も持ってきました。

お!!
それは!?
門の上からいくつかの顔が覗いた。

スリヤ陣営から掠めたものです。
あそこには、もはや一人の兵士もいません。
彼らはどうゆうわけか、すべてを置いていなくなりました。
食べ物があふれています。
それを知らせるためにやってきました。

小窓から人影が消え、
次に顔を覗かせた兵士が言った。

おい!これは本当なのか?
今、王様に知らせが走った。
本当だったらありがたい。だがな、
これが偽りだったら、命は無いぞ!!

ガタリと大きな音と共に小窓が閉じられた。



どうした! 
まだ夜明けまでには時間がある。
敵が攻めてきたか!!

王は寝起きの目をまぶしそうに明かりに向けながら
ガウンの袖に腕を通した。

それが、門外に住む者からの知らせですが、
スリヤ兵が荷物を置いたまま居なくなったというのです。
彼らによれば、テントには食料が残っているそうです。

テントを残したまま・・・・兵が居ないとな?
すぐにも食料を手に入れたいところだが・・
話が出来すぎている。
われらがこの堅固な門を開けるのを、
闇の中からうかがっているのだ。
罠だ!乗るな!
急の知らせに、側近たちが集まってきた。
しかし、彼らは言葉も無くうつむいていた。
そのとき、彼らの後ろに居た若い家来が言った。

王様、王様もご存知のように、
すでにこの町の食料は尽きています。
このままでは、我らの明日はありません。
信憑性のあるものか調べる価値はあります。
ここに居ても、外に出ても、命の保障がないとしたら、
思い切って動いてみましょう。

うう・・・む。
よし、わかった!!
まだ馬が残っていたはずだ。
つれて行け!
こうして、5頭の馬が選ばれ、
偵察のための兵二人が、
夜明け前の暗がりへと出て行った。

彼らは人影の途絶えたスリヤ陣営を通り過ぎ、
ヨルダン川にと続く道を、
せわしなくあたりに目を配りながらたどった。

不思議な光景だった。
人っ子一人見当たらない道のあちこちに、
敵兵の脱ぎ捨てた物やら何やらが散らかっていて、
それは、ヨルダン川の岸辺まで続いていた。
川が、それをさえぎって横たわっていた。
二人はしばらく川のほとりを歩き回り、
それから踵を返すと、馬を走らせた。

途中、スリヤ兵が残したテントの中から
持てるだけの食料を調達して馬に乗せると、
5頭の馬の列は、足取りも軽く、
白み始めた景色の中を、サマリヤの門を目指して帰って行った。

その後姿をそっと見守ったのは、
あの四つの人影だった。
彼らは、顔を見合わせて笑った。

太陽が今日も顔を覗かせて、
彼らの笑顔を朱に染めた。

エリシャが、朝の勤めを終えて庭に出ると、
王のもとから使者がやって来ていて、
興奮しながら事の次第を伝えると、せわしなく帰って行った。

エリシャは大きく伸びをして、
朝の空気を吸い込んだ。

今、サマリヤの門では
小麦粉12リットルと大麦24リットルが、
それぞれ300円で売られているのだ。