読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

せんえつですが・・これから大胆なことを企てておられる方がおられましたら・・

民数記

神様はご自分が住まわれる幕屋だけでなく、
選民イスラエルの人たちが天幕を張るその場所でさえ
神様の基準に達しない汚れた者をおくことを拒まれました。

だから、ある一定期間が過ぎるまで、宿営の外に出されたのです。
たとえば、死体にふれた人とか・・

ところで、何時の世にも嫉妬深い夫はいるもので
        いえ、嫉妬深い妻もいるのですが・・

神様は嫉妬深い夫が妻を疑ってしまった場合
        浮気調査で現場を押さえられなかったなんて時ですね・・

祭司の所に行って裁いてもらいなさいといっています。
今のようにDNA鑑定なんてないですから
妻は聖所の床の塵をまぜた水を飲まされるのです。
          聖所にあるものは何でも清いのですね。
          ウッ!!ゲボ、ゲボッツ!!

有罪なら腹はふくれ、ももは腐りだす・・・
無罪ならば、害も受けずに、また子宝に恵まれるようになるというのです。

      祭司のところに連れて行くのは、みな夫が決める事だから、
      嫉妬深い夫の妻は、しょちゅう塵を飲まされたのだろうか?
      深い愛に包まれるのも、これまた苦労が絶えないということで・?



先回、ナジル人についてちょと書いたのですが
ここでも神様はふれています。
「ナジル人になるぞ!!」って誓ったら、
   強い酒は・ だめ!!(弱いのだったらいいの?)
   グレープジュースも・ だめ!!
   酢も・だめ!!
   ぶどうの木から出来るものは種も皮も実もぜえ〜んぶ・ だめ!!
   髪の毛を切っちゃ・ だめ!!
   死体に近づいちゃ・ だめ!!
            (ナジル人のは祭司よりも徹底していた)
祭司は
   酢やジュースは* いいよ〜。
   髪の毛は適当に切って* いいよ〜。
   

    1. +

交通事故って、
本人が安全運転を心がけていても
向こうから突っ込んでくる事ってありますよね。

祭司のように、世俗から隔離されていれば防げることも
ナジル人には通用しません。
彼らは日常生活をしながら、あれもだめ!!
             これもだめ!!
                   てやっているのです。

ですからどうなるか・・・

向こうから飛び込んでこられて
計らずも規則を破らされてしまったら・・・
         ううっつ。。。。。。。p(≧□≦)q
         辛いだろうなぁ
         あと一日でお勤めが終るはずだったのにぃぃ〜〜〜

まずは頭を剃ります。
例によって祭司のところに行って(供え物を持って)清めてもらい

はい、振り出しに戻ってやり直し〜〜〜〜〜。

ですから、何事も無くナジル人の期間をまっとうできた時には
やっぱり
祭司のところに行って盛大にお祝いをしました。o(^O^*=*^O^)o

    
今日の終わりは「祭司の祝福」といわれている箇所で閉じまぁす。

    『主があなたを祝福し、あなたを守られますように。
主が御顔をあなたに照らし、あなたを恵まれますように。
主が御顔をあなたに向け、あなたに平安を与えられますように。』



キリスト教会に行くと、この箇所の言葉を少し変化させたりして、
礼拝の最後に牧師が祝祷をしたりします。


このブログを読んでくださっている数少ない皆様はいつも元気で、
充実した日々を過ごされていることと思いますが、

飛び込みで来てしまった人とか
迷い込んで来てしまった人とか
そんな方の中に
思いつめて物騒なことを考えている方が
      もしも、
      も〜しもですよ、
      もしも、おられたら・・

そんな方いらしゃらないと思うのですが・・

      もしも、もしも、おられたら、

「祭司の祝福」の祈りをしてみてください。

信仰心が無いから・・
キリスト教は嫌じゃ!!
とか、
色々あると思うのですが、
信心なんていいんですぅ。

本を読むようにでもいいですからぁ
声に出して、言ってみてください。

「私」のところにご自分の「お名前」を入れてもいいとおもいますよ。
特別、ぱ〜って、世界が変るわけではないけれど、
         たまにはいるそうですが、たまにですね

大胆なことをする前に、気を落ち着けるくらいの効果はあるはず。
それからことをなしても、遅くはないでしょう。

神様が私を祝福し、私を守られますように。
神様が御顔を私に照らし、私を恵まれますように。
神様が御顔私に向け、私に平安を与えられますように。

何はともあれ、
神さまはあなたのことを「我が宝」とおっしゃっておられますよ。