読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

生け贄をささげる祭壇は、

ヨシュア記

ヨシュアは、ルベン族、ガド族、マナセの半部族の兵士たちを集めました。
家族を残してヨルダン川を渡り、常に第一線で果敢に戦った勇士たちです。
彼は彼らの労をねぎらい、家族の元に帰る許可をあたえました。
そして、他の人たちと分け合うようにと、たくさんの戦利品を持たせました。

意気揚々とシロを出立した彼らの前に
ヨルダン川が待ち構えていました。

彼らは考えました。( ̄ー ̄)
     今はいい、みんな我らの活躍を知っている。
     しかし、知る者がいなくなった時、
     我らの子孫に向って、彼らの子孫はいわないだろうか・・

     「お前たちと私たちは何の関係もない。この川が証拠だ・・」

そんなことを言われないために、ここに記念の祭壇を築いておこう。
すると、自然にみんなの気持ちが一つとなって、とても立派な祭壇ができあがりました。
それは、はるか遠くからでも見ることが出来ました。

驚いたのは彼らを慕って、川のほとりまで見送りのためについてきた人たちです。
祭壇を築く=祭司の仕事・・・・をすることだと思ったからです。

これは、明らかに反則、一大事!!
ただちにシロに伝えられました。       

聞いた人々は、アカンのことを思い出してゾッとしました。
      そして、武器を片手にシロに終結し、
      ヨルダン川のほとりに攻め上ろうとどよめきました。ε=(。・`ω´・。) 

それを押しとどめて、祭司エレアザルの子ピネハスと
イスラエルの各部族の族長10人は、川を渡りました。

    「お前たちは神様の怒りを招こうとしているのか
     アカンのおかげで罪も無い仲間がたくさん殺された。
    重ねて、神様に背くなら、どんなわざわいが下されるか・・」

この言葉に驚いたのはルベンとガドとマナセの半部族でした。        
     
     「待ってください!!
      祭壇は主にそむくためのものでもなく
      祭司の務めをしようとゆうものでもありません
      この祭壇の形を見て、
      私たちの子孫が仲間はずれにならないための記念なのです。

      わたしたちが神様から離れたり、
      反逆を企てているなどとは、とんでもない誤解です。
       生け贄をささげる祭壇は、シロの天幕しかありえません」

    と宣言しました。
それを聞いたエレアザルは彼らを祝福し、安心してシロに戻ってゆきました。

イスラエルの人たちもほっとし、( ̄∇ ̄;) 
また、大喜びで神様を褒め称えました。

それからは、ルベンとガドの子孫はその祭壇を「あかしの祭壇」と名づけました。




アカンの事件は
心痛む出来事でしたね・・・      ↓(バビロン産の外套を着て)
                http://d.hatena.ne.jp/pypyhiyoko/20100906/p1