読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

私は主のはしため・・・

福音書

おいおい、遅いじゃあないか?
何があったんだ。
大祭司様はお歳を召されておられる
中で気分が悪くなられて倒れておられるかも・・
大丈夫か?

アビヤの組の祭司ザカリヤ
神殿の中で香を焚いているはず・・

彼が出てくるまで、
人々は外で祈りをしていたのだ。
しかし、予定の時刻を過ぎても彼は現れなかった。

人々のひそひそ声が頂点に達した頃、
彼は現れた。
真っ白な髭と髪、今日のための特別な衣装。
それは、入って行ったときと、なんら変っていなかった。
人々はほっとした。

彼の衣服から立ちのぼる、えもいわれぬかぐわしさは
彼が神殿の中で務めを全うしてきた証だ。

みんなは有難いお言葉を伺おうと耳をそばだて、
彼の姿を食い入るように見つめた。が、
パクパク動く大祭司の唇から声は出てこなかった。

おお!!祭司様に何かあったんだ!!
人々は恐ろしげに目をつむり、
頭に浮かぶ限りの己の罪を告白し、
災いが降りかからないようにと願うのだった。

大祭司の妻は、初代祭司アロンの家系で、エリサベツといった。
夫婦共に主の前に落ち度なく過ごしていたが
悲しいかな子どもに恵まれなかった。

彼女は夫ザカリヤが無事に務めをまっとうし
早く帰宅できるよう祈っていた。

そして今日、
彼は帰って来る。
いつもより念入りに部屋をかたずけ、日に幾度となく
道の向こうを気にしていた。

家に着くなり彼、ザカリヤは、
妻エリサベツの手をとると、部屋の戸を閉じた。
違う。何かが・・。
握り締められた手が痛かった。

彼の瞳は少年のように輝き、しきりに何か言いたげだったが
エリサベツには聞えなかった。
ただ久しぶりの再開の喜びに涙がこぼれ、
そして、
内から込み上げてくるさざ波のような切なさに
戸惑いと懐かしさに溢れて
夫の胸の中で大きく息をした。
神殿でささげた神聖な香が鼻腔をかすめると
彼女の体から力が抜けていった。

おお!!
エリサベツは戸惑った。
新しい命の兆しを、老いた体に見つけたから。
彼女は笑った。

それから6ヶ月くらい経った頃、
ガリラヤのナザレに住んでいた娘マリヤも
おお!!と顔を引きつらせて叫んでいた。

御使いガブリエルがあらわれて
     「あなたは男の子を産みます。
      名前もすでに決まっています。
     『イエス』です」
と宣言したからだ。
     「そんなぁ・・
      婚約者はいるけど、そんな関係には・・」
マリヤは口ごもった。

     「これは聖霊によるもの。
      あなたは処女のまま身ごもります。
      その子は将来「神の子」と呼ばれ
      神様は、先祖ダビデの王座をお与えになります。
      それに親戚のエリザベツはすでに身ごもっていますよ」

マリヤは息をのんだ。

     「あなたは特別に選ばれた乙女なのです。
      神には不可能なことはなにもありません」

マリヤはダビデの名を聞くとなぜかほっとした。
彼女の婚約者ヨハネはその子孫だったから。

それで彼女は胸の前で手を合わせながら言った。
     「わたしは主のはしためです。
      神様のご計画がこの身になりますように」

彼女のその言葉を聞くと御使いは
満足そうに彼女の前からその姿を消した。