読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

あなたは王であって、祭司ではない・・・

     遅い、遅すぎる。
サウルは心の中で叫んでいた。
祭司サムエルを待っていたのだ。
すでに、約束の7日を過ぎている。

それは彼が、30歳(?)で王位について2年目のことでした。
サウルはその頃、二千の精兵を持って、ミクマシとべテルの山地にこもり
息子ヨナタンにも精兵一千を任せてギべアに置き
残りの兵士は自宅待機とし、普段の生活をさせていたときのことでした。

ある日、王子ヨナタンは、ゲバに駐屯していたペリシテ人の守備兵を倒しました。
怒ったペリシテ人はミクマシに続々と集まって気勢をあげました。
危機感を募らせたサウルは、ギルガルにヨナタンはじめ、兵士を呼び寄せ、
自宅待機の兵もギルガルに集めました。

探ってみると
     戦車3000、騎兵6000、
     その外に、おびただしい兵がぞくぞくと・・・

その規模は今までにないほどで、イスラエル人は、
     わぁぁぁぁ・もう〜〜、お終いだぁぁ、とばかりに慄いて
新しく加わった兵士たちも逃げ出して、
ほら穴や、茂みの中、岩の裂け目や、地下の墓場、
水ためにさえ隠れようと先を争いました。
中にはヨルダン川を渡って逃走する者まで出始めました。

しかしサウルは精兵と共に、ギルガルでサムエルを待ち続けました。
その精兵たちでさえ、今は不安に慄いています。

敵は今にも戦闘開始といった状態で、睨みをきかせ、
サウルはあせりました。
時間が経つほどに、
彼の周りを固めていた精兵たちの中からも、
逃げ出す者が出てきて
兵士の数が目に見えて減ってゆきました。

    サムエルが着さえすれば、
    神様の祝福が頂けさえしたら・・・

しかし、サムエルは現れません。
じりじりと気持ちだけが焦って、
統率力は益々衰えてゆきました。

     限界だ!!

サウルは立ち上がりました。
完全に焼き尽くすいけにえと、
和解のいけにえを自分でささげるためにです。
もう、神様だけが頼りですからね。


   皮肉です・・

サウルが礼拝を終わるのと、サムエルが現れたのが一緒でした。
状況を見てサムエルは怒り嘆きました。

    「ああ、なんとゆうことを・・
     あなたの祝福は子々孫々続くはずでした。
     しかし今は
     神様に従わなかったあなたから
     その祝福は去りました。
     あなたは私を待つべきでした。
     あなたは王であって、祭司ではなかったのです」

こうしてサムエルは、ギルガルからギベアに、さっさと行ってしまいましたとさ。
      あああ・・・携帯電話があれば・・
            それだって、危急の時に通じるかどうか・・
     (サムエルさ〜ん、
      あなたも約束破ったんでないの? な〜んて言っても
      サムエルの耳には届かなかったみたいね・・・・
      ちょっと、サウル王様が可愛そうな気が・・・・)

      頼りにしていたサムエルには怒られ・・
      神様にも見捨てられたって・・本当かなぁ?

とにかくここは、怒られてもなにしても、やるっきゃないみたいで・・

サウルは残っている兵を数えてみました。
おお、なんと、なんと、六百人しかいません。

対するペリシテ人は数に物言わせて、部隊を三つに分けて、取り囲みました。

人数だけではありませんでしたね。
武器の質も量も雲泥の差がありました。
なんせ、ペリシテ人イスラエル人が剣や槍を造ることを恐れて
鍛冶屋を置くことを許しませんでした。だから、
彼らがすきや、くわ、斧、鎌などを研ぎたいときには
ペリシテ人の鍛冶屋にたのんでいたのです。

     代金は・・すき・・200円
          くわ・・200円
          斧・・・100円
          かま・・100円
          突き棒・100円

とゆうわけで・・
イスラエル軍の中で、剣や槍を持っているのは
サウルとヨナタンだけだったんで〜す。


   ええっ!!

   そんなんで、どうやって、、、
   かないっこないんじゃあ・・・
   そんなんで軍隊なんていってたわけ・・
   それで精兵?
   どうりで・・ね。みんな逃げ出しちゃうわけですね。

そんなわけで、アッとゆうまに、ミクマシへ通じる山道は封鎖。
彼らは袋の鼠。あとは時間の問題。

イスラエル軍は完全にお手上げ状態。
・・・

ひよこにも先が読めませ〜〜ん・・・・
と、言いながら
先、読んじゃったけど・・
それでは、また来週・・・・

30歳と2年は(70人訳)
ヘブライ語原典は欠字とか・
2年は22年?32年?とか色々想像してるみたい・・
それでないと、次のヨナタンの活躍ですが
年齢が・・・・

????????