ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

知っています。でも・・・

エホバ大風をもてエリヤを天に昇らしめんとし給ふ時・・』

その『し給ふ時』とは、
それは預言者仲間には知らされていたのでしょうか?
いたのでしょうね。

べテルで、預言者のお喋りさんが、

    「わし知ってるでぇ〜〜」

と、軽率にエリシャに擦り寄ってきたのですもの。

ただひたすらエリヤに目を向け、
魂も神経もすり減らすようにして
刻々と迫りくる別れに備えるエリシャ。

その彼にその言葉と、態度は、
ザラリと不愉快な感触を心に与えた。
寝食を共にし、
ひたすら師の後を踏まんと、修練に明け暮れた蜜月は、
決して甘くはなかったが、充実していた。
今や、二人の間に他人の入る隙間などないのだ。
と、エリシャは思っていたから。。。。

エリヤはまた神様の御声にしたがってエリコへと足を向けた。

エリコと言えば城壁でしょう!
       スパイ?
       遊女ラハブ?
       地震
       ヨシュア
       どれもなじみの言葉。

アンモンに遣わされたダビデの使者が辱めを受け、
ひげが伸びるまで留まった町でした。*1
  
無知からか無視してか、無理してか、
エリコの町を建て直そうと体を張ったべテル人ヒエル。
彼は大切な息子二人を失った。

   「この町を再建しようとする者は息子二人を失う」

ヨシュアは両手を天に向けて予言しましたが、
オムリの子アハブがイスラエルの王だったとき、
悲劇は現実のものとなりました。
500年も前になされた予言だったのにね。


あ! 町の入り口が見えてきました。
だれやら手を振っています。
仲間の預言者たちが出迎えに出ていました。
そして、やはり、エリシャに言う者がいました。

     「今日、あなたの師が主に取られるのを知っていますか?」
     「知っていますよ。でも、黙っていてください」

またか! 心の中でつぶやきながら、
ついエリシャの言葉はきつくなった。

それからエリヤはヨルダンに導かれた。
彼の足は衰えなかった。
エリシャも行くっきゃありません。
ひよこだって。たとえ火の中水の中・・
離れないで付いて行くっきゃありませんね。

乾燥した土埃の中を進んでゆくと、
涼やかな湿気を帯びた風が二人を迎えた。
音も無く流れるヨルダン川
その流れを見ているだけで、
旅の疲れも溶かされてゆくようだった。

しばらくゆっくりと、川に沿って足を運んでいたエリヤ。
その足がようやく止まった場所は、
獣道のような細い道が、
川岸に向かって伸びている場所だった。

    こんな所でどうなさるのだろう?
ゆるゆると続く小道を覆う雑草。
それを掻き分けながらエリシャは思った。

    木陰を探して休まれるのかな?

エリヤの足が止まった。
とうとうと流れる水が今にも彼の足を濡らしそうだ。

エリシャはまぶしそうにエリヤの背を見つめた。
彫像のように押し黙ったままの二人。

    おい、どうしたんだ。
    川岸に突っ立ったまんまだ。
    川を渡らないのだろうか?
    渡るとしても、もっと別の場所、
    お二人には、教えてあるはずだが・・・?

エリコからは、50人ほどの預言者たちが、
遠慮がちについて来ていた。

エリヤはその首をすこし動かした。
主の使いが彼の耳に何か囁いたのだろうか。
彼は外套をとった。
裾をくるくるとまるめた。
それで川面を叩いた。
バシャリと鈍い音がして、川魚が跳ねた。
    
    あ!!
   
エリシャの口から思わず声が漏れ、
彼の右足が無意識に脇に伸びた。
体を捻じ曲げるようにして、
眼前のエリヤの脇から首を伸ばすと、

    「こ!これはぁ〜〜・・・・・」
大きく見開いた目に、
川底が見えた。
 
   水は!水は何処だ!!
黒々と光を帯びていた土は、
たちまちにして乾き、ジグザグに亀裂を入れて、
まっすぐに対岸へと続いていった。

エリヤは躊躇せずに、乾いたそこに足を下ろした。
エリシャの足はもつれ、幾度も転びそうになりながら、
それでもエリヤの後を追った。

預言者の群れがわらわらと駆け寄ってきて、
乾いた川底を見たのは一瞬だった。
彼らとエリヤたちを遮断するかのように、
水が、流れが、割り込んできた。

彼らは、驚きと恐怖に駆られて、
土の上にへたり込んだ。

その昔、ヨルダン川を渡った先祖たちのことを思い出し、
導かれた全能の神様を思って、彼らはひれ伏した。

頭上には、雲ひとつ無い空が弧を描いて横たわり、
彼らを包み込むように広がって、
太陽の光が優しかった。

ひよこのぶろぐのデザインも
真ん中に川が出来てしまって、
非常に目障りでござんすね。
こまった、こまった。。。

*1:サムエル下10:5