読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

エリコからべテルへ

列王紀

エリヤは一枚の衣をこの地上に残して、
跡形も無く掻き消えてしまった。
エリコの町はその話題で溢れていた。

   なんでも弟子のエリシャさんがその後を継がれ、
   ヨルダン川の水を止め、川底を歩いて帰って来られたとか・・

   そんなことが出来るものかねぇ?

   モーセ様も、ヨシュア様も、わしらのご先祖様も
   ヨルダン川の川底を足も濡らさずに歩いたぞ!!

   そうだ、そうだったな。

   何でも、お師匠様の二倍のお力を頂いたとか・・

そんな立ち話にふと足を止めて、熱心に耳を傾けている女が居た。
そうして、その輪の中に入っていこうかどうしようかと足踏みをして、
思い余ったふうにおずおずと近づいてきて言った。

   あのう・・もし・・・

   お、どうした?

   今皆様の話を・・通りがかりに耳にしたのですが。
   そのお方はまだこの町に居られるのでしょうか?

   たぶんまだ居られるはずだが・・
   
   あのう・・お師匠様の二倍のお力を頂かれたお方でしたら、
   この町の水を変えることも出来るのではと・・
   この町の水質が妊婦には合わなくて、
   流産する者が多いいのは皆様もご承知のこと。
   何とか出来ないものでしょうか?

   おお、そうだ!
   そのとおりだ!
   エリヤ様のことばかり気が行ってしまって、
   その水のことを忘れていたよ。
   さっそく、エリシャ様に頼んでみよう。


エリシャはエリコの人々に案内されて、
町の水源にたどり着いた。

こんこんと湧き出る水は豊かだったが、
人々の体には合わなかった。
彼はうやうやしく真新しい皿を両手で捧げた。
その上に、塩がうず高く盛られていた。
エリシャはなにやら呟くと、それを水の上にばら撒いた。
   
   主が言われた。
   あなた方を悩ましたこの水は、すでによい水に変わった。
   この水を飲んで害を受けることはない。
   
   おお!!

集まった人々の中から喜びの歓声が期せずして沸き上がった。
そして、先を争うようにして水辺に行き、
水を口に含んだ。
ゴクリと喉がなって、
あわただしく胃に落ちていった。
人々は目を丸くして驚き、
あらためて水を味わった。
その水は、冷たく澄んでまろやかで甘かった。

やりましたね、エリシャさん。
でもね、これに続くお話が・・?
この話、牧師泣かせの記事らしいですよ。

この記事で、あなた様の髪の毛の状態は察せられました。
エリコの町から惜しまれて送り出され、
べテル向われたエリシャさん。

途中で若者たちからかけられた侮蔑の言葉(ここに書きだすことは、ひよこにはとてもぉ・・・)。
そうです、声に出して読むこともはばかれるような・・
あなた様が感情を乱されたのもせん無いことでございますなぁ〜。

しかしですよ、42人もの若者を二頭の雌熊に襲わせたとはなぁ〜。
あなた様には同情しつつも、
ひよこには??????なのでございます。

しかしでございますよ。
は*もよいもの。
ひよこはそれも良しと思うのだけど・・
   貫禄があるじゃあありませんか。
   髪型を気にする必要もなし、
   地球に優しい髪形。
   失礼、この場合、
   地球に優しいスタイルと言うべきか。

とはいえ、ひよこの身近にもおりますの、
その途上のお方が。
その必死の努力を思うと・・

は*を無くす何かが発見され、
その実用化がなされれば、
これはもう間違いなしのノーベル賞もの。
研究なさっておられる皆様、よろしくね。


 ウィキペディアのエリシャの項目はいかがでしょうか。
 細かく書くと長くなってしまうので、
 興味のある方は寄ってみてくださいね。
 結構面白いですよ。