読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

マナセの罪、赦さじ!!

列王紀

全く惜しいお方を失ったものです。

彼の死は、彼の成しえた宗教改革を頓挫させました。

偉大な業績を残したまま逝ってしまった父。

それは、王子様たちにとって、

神様がユダを見捨てたように思えたのでしょうか。

そろいもそろって、父君の顔に泥を塗るように、

悪をかさねたのでした。

ヨシヤの息子エホアハズ23歳が王座について3ヶ月。

 

パロ・ネコは即位したばかりのエホアハズ王を

エルサレムから連れ出して、

ハマテのリブラに置き、

ヨシヤの子、エリアキムをエホヤキムと改名させて、

エルサレムの王とし、

銀百タランド、金1タラントの貢を科しました。

戦に負けた罰金です。

繰り返される戦いで、荒れ果てたユダの土地。

取り残された貧しい農民。

それはパロ・ネコがエホアハズ王を連れ去るとき、

彼の家族や、高官、技術者など 連れ去ったからでした。

残された彼らの肩に、さらに重税を課をして、

パロ・ネコの要求に答えなければならないエホヤキム。

生殺しです。

結局、エジプトへ連行されたエホアハズ王は、

その地で亡くなりました。

彼の墓所は? 聖書には書いてありません。

エジプトのどこかにひっそりと・・・(´;д;`) 

 

エジプトの支配下にあったエホヤキムの世に、

バビロンの王、ネブカデネザルが攻めて来ました。

しかしエジプトは来ません。

国力が落ちていたのです。

嵐の海で、もてあそばれる小舟のように、

大国と大国の狭間でもみくちゃにされて

それでも何とか生き延びているみたいな・・

もう戦うなんて、そんなレベルではありませんね。

白旗です!降参です!隷属しかありません!!

 生き延びるためです。

 

しかし、3年目! 

民族の意地を見せたかったのでしょうか?

エホヤキムはバビロンに反逆しました。

しかしそれは、無謀。

       無駄です。

ふらふらと立ち上がった彼らに、

弱った虫に群れる蟻のように、

カルデヤ人、スリヤ人、モアブ人、アンモン人の略奪隊が

これでもかって感じで押し寄せてきたのですから。

一番のダメ押しは、

これらのことが神様のご意思で行なわれているって事。

神様は怒っていらっしゃいます。

 

   マナセの罪、赦さじ!!ε=(。・`ω´・。) 

            http://pypyhiyoko.hatenablog.jp/entry/2014/06/23/

もう、さじを投げたと?!

天地創造の神様に、何をやったって、勝てっこありません。

唯一つだけ、道がないわけではありません。

 

預言者の声です。

神様が遣わしてくださった彼らの声。

イザヤやエレミヤの言葉です。

彼らの言葉が、聖書の中で結構なページを割いています。

それだけ、滅び行く民に向かって叫び続けていたのでしょう。

しかし、笛吹けど踊らずです。

   偶像から離れよ!

   悔い改めよ!

   罪の赦しを乞え!

    そうすれば希望がやってくる!

   新しいエルサレムを待ち望むのだ!!

そんな預言者の叫びも空しく、

エホヤキム王もひっそりと、先祖の元へ。

続いてたてられた王は18歳のエホヤキンです。

 エジプトの力はさらに弱まり、パロの属するものは

バビロンの手中に取り込まれるような中で、

弱小国ユダは一息つくことが出来ました。

しかし、それは夢物語。

次々と送り込まれる略奪隊のおかげで、息も絶え絶えなのでした。

 

ああ! 来ました! バビロンです!!

ネブカデネザル在位8年目、エルサレムは再び包囲されました。

もちろん、即、降伏です。

王族も高官もバビロンの捕虜となりました。

国の財宝も持ち出され、エルサレムの市民、軍人、

木工、鍛冶職人など、優秀な約1万人がバビロンに連行されました。

 

バビロンの王は、

エホヤキンの父の兄弟マッタニヤをゼデキヤと改名させて、

ユダの王としました。

てことは、ヨシヤ王の子供うちの三人がユダの王様になったってこと?

バビロンの王様は、一応、

ユダに王様を立てることを許可してくれたのですね。

21歳の王の元には貧しい民が残るのみ。

それでも、こつこつと国力を整えて、

整えると、またバビロンに背きました。

捕囚として民が連れ去られたとき、

国粋主義者の地の民は、隠れて捕囚を免れたのでしょうか。

そんな彼らが中心となって、ゼデキヤ在位9年目の10月10日に

王を煽って、バビロンに背かせたのかもしれません。

   小癪な奴らめ!少しばかり温情をかけてやればこの始末だ!

   今度は容赦しない!

   滅ぼせ!何もかもだ!!

バビロンの王は

すぐさまエルサレムの周囲に砦を築きました。

こうして、セデキヤ王の第11年目、4月9日、

激しい飢餓がエルサレムを襲いました。

ある日、悲惨な状態の町の一角が破られました。

夜陰に乗じて王とすべての兵が、

カルデヤ人の目を避けて逃げ出しました。

そんなことは想定済み、直ちに後を追って、

エリコの平地で追いついた。

そのころになると、王を守るはずの兵士たちの隊列も壊れて、

チリジリになった彼等は、我が身可愛さに姿を消していましたから、

王様は簡単に捕まってしまいました。

 

バビロンの王様は怒っています。o(*≧д≦)o

なまじ情けをかけたため、二度手間を掛けられたからです。

だから、見せしめです。

幼い王子たちはゼデキヤの目の前で次々と殺され、

残虐な場面を見せつけられた後、

ゼデキヤ王は失明させられ、

足かせを掛けられたまま、バビロンへと連れて行かれました。

可哀想です、恐すぎです!!(/Д\*)

 

 バビロンの王様の怒りは治まりません。o(*≧д≦)o

ネブカデネザル王の第19年目の5月7日、

彼は部下のネブザラダンに命じました。

 

     根こそぎ更地にせよ!!

 

彼は忠実に勤めを果たしました。

ほら火の手が上がっています。

あれは神殿、王宮が焼かれ、

エルサレム中の家が焼かれて壊されています。

立ち上る炎と、崩壊する建物の崩れ落ちる音、土煙。

それが昼も夜も続きました。

城壁も壊されました。

それでも、更地のままほったらかしにするには惜しい土地です。

ネブザラダンは貧しい人たちを葡萄作りの農夫として残し、

神殿を守っていた祭司長や祭司や、

隠れ潜んでいた民を見つけしだい捕らえて見ると、

60人も見つかりました。

ネブザラダンはリブラにいるバビロンの王のもとにつれて行き、

ハマテの地のリブラで彼らを殺しました。(/Д\*)

 

 今回は、なんとも悲しい場面で幕を下ろさなければなりません。

でも、このままで終るはずがありませんよね。

次回はもう少し明るい内容になるといいなぁ~~~。。。。