読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

神の霊が宮に満ちて・・

歴代志

今日から歴代志Ⅱです。

ソロモン王の時代ですう~。

いよいよですね、神殿建築が始まります~。

その前に。

 

ソロモンは即位後、イスラエルの人々を引き連れて、

ギブオンの聖所で神様を礼拝しました。

その夜、神様がおっしゃいました。

  「お前のほしいものをあげよう。

   遠慮なく云いなさい。」

そしたら、ソロモンは100点満点の回答をして、

神様は大満足。

   「よし!

    そんな回答を出すからには、

    知恵と知識とはすでに備わっているぞ。

    お前が求めなかった、富も宝も誉れも

    惜しみなく与えよう。」

ですって。

 

あれ??

神殿建築が始まったとゆうのに、

今日はお休みでしょうか?

とっても静か。

ピヨピヨピョ!!

あらら~~。

皆さん、汗を流して働いています。

大きな石を運んでいる人もいます。

別の場所で寸法を整えて、運んでくるので、

ノミの音がしないんですって。

 

わぁ~~、重そうだ!

土台の石ですか!!

長さが約14メートルも!!

そんな石が2014年9月23日の今でも、

その場所と思われるところにあるそうで・・。

 

ダビデ王が神殿建築を提案したとき、

  「わしはこの天幕で満足しておる。

   400年間このままだった。

   いつ神殿を建てろなどといったか?」

なんて、神様はおっしゃったけど、

やっぱり今の彼らには神殿が必要かもって思われて。

そしたら神さまったら、凝りに凝って、

物凄い設計図を引いてしまいました。

大きさは今までの天幕の二倍にしました。

それはいいとして、金や銀や香木やらなにやらで、

予算は膨れに膨れて、現代のお金で換算したら、

7200億とも1兆8000億ともいわれるほど、

豪華絢爛な神殿が7年がかりで出来上がりました。

建築にかかわった人たちは

イスラエル人が3万人。

カナン人が15万人。

ひゃ~!!です。驚きです。

ですもの、隣国の王様たちが鵜の目鷹の目、

よだれをたらして眺めていたとしても、

不思議ではありませんね。

 

その証拠に、

ソロモン王が亡くなられて5年後には

略奪されてしまうのですから・・。

ああ、もったいない!もったいない!!

これ、そんな問題ではないのですよ。

あんな模範解答をした清く正しい王様も、

金銀宝に囲まれ、権力を手にすると、

ああ!!ずるずると滑り落ちてゆくう~~!!

人間って、弱い!!

主よ、哀れみたまえ!

助けてくだされ~~!!

 

そうでした、神殿が建った場所は由緒ある場所で、

あのアブラハムがイサクを捧げたモリヤの山でした。

ソロモンの父ダビデに主が現れた場所でもありました。 

 

当時としては他に類を見ない豪華な建物でしたが、

ソロモンは知っていました。

どのような建物であっても、天地万物をつくられた神様に

ふさわしい場所など無いということを。

ああ!火が!稲妻のように下ってきて、

生贄を焼き尽くし、イスラエルの神の霊が宮に満ち溢れました。

 

                                                                   f:id:pypyhiyoko:20140923003138j:plain