読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

捕囚の果てにかすかな希望が・・・

 ヒゼキヤ王の子のマナセ。

マナセ王の子のアモン。

アモン王の子のヨシヤ。

ヨシヤ様。

8歳ですって!!

王位に就かれたのがです。

父君は道をはずし、その目に余る行為に、

業を煮やした家来たちによって暗殺されています。

息子ヨシヤは優秀な養育者によって大切に育てられ、

ダビデの道からそれることなくスクスク成長しました。

まだ若い在位8年目には、

自らの意思でダビデの道を求め始めました。

大祭司ヒルキヤがモーセの律法の書を発見すると、

王はその内容を知って、恐れおののくのでした。

今まで自分たちはその律法のようには生活してこなかった。アカン!!!!ヾ(´囗`。)ノ

その結果下される神の怒りも記されていたからです。

すぐさま、女預言者にお伺いをたてると、

預言者は言います。

 

    王は、律法の言葉を聞いて悔い改めた。

    ゆえに、王は神が下す裁きを見ることはない。

 

ヨシヤ王は民に律法の書を読み聞かせ、

過ぎ越しの祭を行ないました。

出エジプトの喜びの祭、感謝の祭だ。(*'∇')/゚・:*【祝】*:・゚\('∇'*)

彼は民の信頼を勝ち取り、その将来に希望をつないだ。

末永くお健やかに国をまとめてゆかれますように。

皆がそう願い祈っていたはず。

しかし、そうは問屋がおろさなかった。

なぜか彼は無意味な戦に首を突っ込み、

無駄死にすることになるのです。

世の中に必要とされる優秀な人って、

結構、夭折だったりして。

 

マナセ王の子のアモン。

アモン王の子のヨシヤ。

ヨシヤ王の子のエホアハズ。

しなくてもよい戦を父ヨシヤがしたため、

ユダ王国はエジプトの属国になってしまいました。

息子のエホアハズは王として、3ヶ月間、国を治めました。

エジプトからの強制で、王位を退けられ、

哀れエホアハズ王はエジプトへ・・・(/ω\*)

 

アモン王の子のヨシヤ。

ヨシヤ王の子のエホアハズ。

エホアハズ王の兄弟エリアキム改めエホヤキム

有無を言わせず交代です。

そのうえエリアキム王はエホヤキムとエジプト名に変名です。

一応、11年間、国を治めていましたが、

ネブカデネザルに攻められ、足かせをはめられて、

バビロンへと連れてゆかれました。

 

 ヨシヤ王の子のエホアハズ。

 エホアハズ王の兄弟のエリアキム(エホヤキム)

エホヤキム王の子のエホヤキン

 この王様も8歳で就任だ。

三ヶ月と10日を過ぎたある日、

主の宮の大切な器と共に

バビロンへ連れてゆかれました。

主の前に悪を行なったからだそうですが、

8歳の子供がぁ~~。

周囲の大人の責任は大ですね。 ( ̄" ̄;)

毎回、貴重な神殿の品物が持ち去られていますが、

どこからか?湧き上がってくるみたいですねぇ。

ソロモンの莫大な財宝が隠されていたのか?

 

エリアキム改名してエホヤキム王となる。

エホヤキム王の子エホヤキン。

エホヤキン王の兄弟ゼデキヤ。

彼が、ユダ王国最後の王様です。

彼は神様の声も預言者の声にも耳を塞ぎ、

ネブカデネザル王にも背きましたから、

怒りをかって、

悲惨な目にあい、

失意のうちに亡くなりました。(´∩`。)

 

さあ、苦しい捕囚生活が待っています。

この先、夢も希望もありゃしない!

  でも、大丈夫!!

主の哀れみです。

文末に希望の光りが一筋注がれています。

神様!ありがとうございます。゛;`;・(゜ε゜ )

しかし、歴史の只中で生きていたイスラエルの人々には、

その片鱗さえも見ることも聞くことも出来なかったはず。

いえ、預言者たちが静かに力強く、

神様の言葉を伝えていました。

ただ、彼らの耳が閉ざされていたのです。

彼らの心の目が開かれるのに、70年の歳月が必要でした。

 

ふふ!もう70年がぁ~!!Ψ( ̄∀ ̄)Ψ

 

その間に世界地図の色が変わったようです。

あんなにも勢いのあったバビロン帝国は衰退し、

ペルシャが台頭してきたのです。

そしてペルシャ帝国初代の王クロスは言ったのでした。

 

   「天の神、主は地上の国々をことごとくわたしに賜わって、

    主の宮をユダにあるエルサレムに建てることを

    わたしに命じられた。」

 

ええっ!本当ですか?!!(*'(OO)'*)

 

   「あなたがたのうち、その民である者は皆、

    その神、主の助けを得て上って行きなさい。」

 

      f:id:pypyhiyoko:20141103121239j:plain