読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

食欲が満たされて・・・


ははは!
やつらはもはや、三日と持つまいよ!

サマリヤの現状を知っているスリヤ陣営では、
町の門、突破の話題一色だ。

それにしても、しぶといではないか?

エリシャが何かをすると、期待しているからな。

自分の子供が居なくなってもかい?

ははは!
それでも、神様頼みとはなぁ、片腹痛いよ!

ふっ!
お前は食べすぎだ!
はははぁ!!

まだ酒も沢山あるぞ!
飲め!

スリヤの陣営は昼間からこんな状態で、
楽勝確信のためか、規律も乱れていた。

そんな時、突然、グラリと地面が揺れた!
陣営を取り巻くように、土煙が上がった!

わぁぁぁぁ〜!!
何だ!何だ!

馬だ!戦車だ!
大群が押し寄せてくるぞ!
彼らは、ヘテ人やエジプトの援助を待っていたのか?!

まだ日没までには間があるとゆうのに、
不気味な闇が、彼らの周りだけに迫っていた。

逃げろ!命あってのものだねだ!
地鳴りのような音は益々大きくなり、
腹の底を揺さぶった。
それから、スリヤ陣営が静かになるのに
さして時間はかからなかった。

やっと、太陽が山肌をなめるように沈み始めた頃、
出来たばかりの闇の中で、
うごめく4人の影があった。

ぼろきれに包まれた彼らは
痩せこけていていた。
落ち窪んだ目の奥には、それでも、
生きるための策を、あれこれ試みようとする必死さがあった。

おい!どうする!
これ以上ここにじっとしていたら、死を待つばかりだぞ。

死を待つだってかい?
俺たちはすでに死んだも同然。
こんな体になってしまったんだ。
家族からも見放され、町の中へもおいそれとは入れない。

彼は白く粉を吹く手の甲を眺めた。
重篤な皮膚病だった。
神から見放された者のなる病気だと、忌み嫌われていた。

おい!どうする!

彼は再び同じことを繰り返した。
このところ食物らしきものを口にしていなかった。
かろうじて芽を出した、草の芽や、小さな虫を捕まえたりしていた。
*1
思い切って町中に入った所で、
中の様子は知れている。
こちら側よりひどそうだ。
いっそのこと、スリヤ陣営に逃げ込むか?

え!
敵の中にかい?

そうよ。白旗を揚げて行くのさ。

殺されるぞ!!

フッ! 殺されるって?!
今だって、死人のようなものだし、たぶん死ぬな。

おいおいそれでいいのか?
ここは一か八かやってみるしかないな。
死んでもともとだ!

スリヤの陣営には食べ物があるぞ!!
においだけでも嗅がせてもらって、死んだってここよりはましだ。

それもそうだ。
四人はよろよろと歩き出した。

おい、まて!
この丘の向こうに彼らは陣をかまえていたな。
明かりがない!
人の気配がしないぞ!!

月明かりにうっすらと、テントが見えて、
打ち立ててある旗が、ばたばたと風にあおられていた。
が、
人影は見えなかった。

今日の昼には炊飯の煙が上がっていた。
俺はちゃんと見たぞ!!

彼らは恐る恐る近寄った。

馬が居る、ロバもいる。

だが、人の気配は皆無だった。
テントの中をおずおず覗く。
鼻先を襲ったのは、
酒のにおいやら、肉のにおいだった。
腹の虫が歓声を上げ、唾液が口中を満たした。

四人の喉が一斉にゴクリと鳴った。

闇の中に、彼らの手が勝手に動いた。
手当たりしだい、食べ物を口に運びこんだ。

う!! ぐぐぐ!! 
一人が物を喉に詰まらせてうなった。
そしてやっと、四人の手が止まった。
空っぽの胃袋に突然、肉の塊が飛び込んできて、
四人の胃はきりきりと踊っていたが、気にならなかった。

闇の中で火種を探し、明かりをつけた。
口の周りを汚しながら、もぐもぐと口を動かす仲間を見て
彼らは互いに相手を指差しながら、腹を抱えて笑った。

一息つけたのだ。

食欲が満たされた。
すると、物欲が激しく彼らをせかした。
彼らは欲の赴くままにテントの中を物色し、
いつも寝泊りしていた近くの洞穴に、金目の物を運んで隠した。
そんなことを繰り返していたとき、
一人の男が正気に戻って言った。

おい、神様はわしらをお見捨てにはならなかった。
そうだよな!

彼は仲間の顔を覗きこんだ。
仲間がこくりとうなづいた。

神様は私らをお見捨てにならなかった。
主をほめよ!

主をほめよ!

それで、このままでいいのか?

このままって?

わしらだけが祝福に預かっていることさ。
町のみんなは死にかけているんだぞ!
こんなことを夜明けまで黙っていたら、
神様はお怒りになられる!

そうだった。行こう!
四人は一斉に、町の門を目指して走り出していた。

エリシャは満足そうに微笑んで、ベットに潜り込んだ。


*1:突然生えてきたきのこ。名前は?すぐに枯れましたが・