ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

大祭司ザドク

f:id:pypyhiyoko:20210420003628j:plain


祭司ザドク預言者ナタン

♪ソロモン王を聖別せり

♪全ての民は喜び讃えり

♪「神よ王を守りたまえ、王よ永らえたまえ」

♪御代よ永遠なれ!

♪アーメン、ハレルヤ!』

 パソコンで「祭司ザドク」で検索すると、ヘンデル作曲「祭司ザドク」が最初に出てきます。

1727年、ロンドンウェストミンスター寺院で挙行されたジョージ2世の戴冠式のために作られた曲だとか。その後、イギリスの戴冠式の時には必ず演奏されるようになったとか。動画もあったのでついでに聞きました。

 この曲、サッカーチャンピオンズリーグのアンセムの原曲で、以前も聞いたけど、何回聞いても、涙出る!サッカーに興味はないけれど、サッカー場で聞いたら・・😿。

(以前、同じようなことを書いた気がするけど‥)

ザドクの名前は前回の記事とダブリます。

f:id:pypyhiyoko:20210420003834j:plain

アブサロム王子反逆事件です。

その時、ダビデの優秀な高官アヒトペルも王子側に回ったため、ダビデ王は甚く嘆きました。そして自分の息子との戦いを避けて、エルサレムを脱出しました。祭司アビヤタルとザドクは契約の箱を持ち出して、ダビデに従おうとしましたが、押しとどめられ、新たに密命が下されました。宮殿に戻り、アブサロム王子たちの情報を、逐一ダビデ王に伝えること。そのため、彼らの息子たちが繋ぎとして選ばれました。

ダビデ王の高官の一人ホシャイも、王様と行動を共にするつもりでした。しかしこれも、ダビデ王は止めました。ホシャイの役はアヒトペルの戦略を阻止して、ダビデたちの逃走を助けることでした。

この事件でダビデ王は意図せずして、息子アブサロムを失いました。

f:id:pypyhiyoko:20210420004022j:plain



歳月が流れて、ダビデ王も寝床に着くことが多くなりました。

ダビデ王の第4子、アド二ヤ王子は、兄アブサロム王子が亡くなると、正当な王位継承者は私だと主張し、行動を起こしました。預言者ナタンはいち早くその事に気づき、ソロモン王子の母バテ・シェバから、王様に伝えるよう促しました。それで急きょ、ダビデ王は預言者ナタンと祭司ザドクを呼び寄せて、ソロモン王子に油を注ぎ、公に「ダビデ王の後継者はソロモンだ」と宣言するように命じました。

ダビデ王はこのことでも、命を縮めたのでしょうか。息子ソロモン王に遺言を残して亡くなりました。王としての身の処し方、自分が王だった時、助けてくれた人たちや、罪を犯した人たちの処遇などをゆだねたのでした。

王となったソロモンは、祭司アビヤタルがアド二ヤ王子を支持した罪で解任し、ザドクを大祭司にしました。

時が流れて、北イスラエルはアッシリヤに滅ぼされ、南ユダもバビロンに負けてほとんどの人が捕囚としてバビロンの地にいました。捕囚の預言者エゼキエルは「イスラエルの民は必ず帰還し、滅ぼされたソロモン王の神殿を再建する」と預言し、民を励ましました。その神殿の管理は大祭司ザドクの子孫がすると言うものでした。

 バビロンはペルシャの王クロスに倒されました。クロス王はイスラエルの故国帰還を赦しました。神殿も再建され、預言の通り、神殿の管理を任されたのがザドクの子孫でした。

f:id:pypyhiyoko:20210420003948j:plain

それは大祭司ザドクの死後、約400年後のことでした。

イスラエル崩壊の前夜、イスラエルの民や、ユダ部族が偶像にとっぷりつかり切っていた時も、ザドクの子孫は神殿の務めを粛々と行っていました。大祭司ザドクの影響が脈々と流れていたのですね。

  

f:id:pypyhiyoko:20210420003802j:plain

 

私は偉大なダビデ王の三つの事件に関わりました

私の名はナタン。この名前には賜物、与える者の意味があります。私はダビデ王様の友人として、また助言者、預言者として、右大臣、歴史家、宮廷教師として、様々な面で活躍し王様にお仕えしました。

f:id:pypyhiyoko:20210413004520j:plain


その中で忘れられない出来事が三つありました。

 1 王様の罪

まいりましたぁ!ダビデ王様が、とんでもないことをしてしまった事については、受け入れがたいものがありました。なんと、優秀な部下を、戦場の最前線に送り込んで謀殺してしまったのです。なぜ?その部下の妻と事を起こしてしまい、帳尻を合わせようと目論んで失敗したからでした。これはもう許されざる事柄です。

すぐに神様からお言葉が来ました。それで私は次の話を王様にしました。

「裕福な男が客を招待し、自分の所有する沢山の羊を惜しんで、貧しい男の、たった一匹しかいない羊を取り上げて、料理してしまったそうですが、どう思われますか?」

すると、義侠心の強いダビデ王様は

「その金持ちは死刑だ!」と断言しました。

私は王様の目をグッと見据えて言いました。

「それはあなただ!」

一瞬固まった王様の顔がゆがみ、唇がわなわなと震え出しました。その唇に指を添えた時、つかえていた檻が堰を切って流れだすのに、時間はかかりませんでした。

それは、一年半余りの苦しみと後悔の時を経て流れ出した涙で、滂沱と溢れて、その指先を伝って落ちました。

「私は神様に罪を犯しました。私の罪は死に値します」

そうだ、お前の罪は死に値する。しかし、神様はそれを赦された。だが代価は大きいぞ。バテシェバが生んだ初子は死ぬ!」

悲しいことですが、それは本当でした。ダビデ王様とバテシェバ様の、悲嘆にくれる姿を見るのは辛かったです。しかしすぐに、次男を授けられました。それがソロモン様で、神さまの赦しの答えでもありました。そんなわけですから、ソロモン王子様にかける愛情たるや並大抵ではありませんでした。*1

わたしは、ダビデ王様がその時に作られた、すぐれた歌をすべて暗唱しています。そして、ますますダビデ王様が好きになりました。*2

f:id:pypyhiyoko:20210413005133j:plain

2神殿建築について

「私は神殿を必要としない。イスラエル人をエジプトから導いた時から今まで、そのことで私が何か言っただろうか?ダビデに言え。羊飼いだったお前を、イスラエルの王にしたのは私だ。私はいつもお前と共いる。

約束の地にお前たちを導き、今や敵なしだ。お前の子孫は代々この地を治めるのだ。神殿建築は息子ソロモンに任せよ」*3

 ある夜のことでした。神様からお言葉がありました。

昼間、夢見る青年のように、キラキラと瞳を輝かせながら、神殿建築について熱く語る王様に会っていました。そのまなざしに魅せられて、私も神殿建築計画に賛成し、王様を祝福してきたばかりでしたから、どっといやな汗が噴き出てきたのでした。そのまま目がさえて眠れなかったので、その夜は神様のお言葉を復唱し、祝福のひとつひとつを数えては、感謝し賛美して過ごしました。ダビデ王様が熱く神殿建築について語るのには訳がありました。罪を許され、ソロモン王子が与えられ、感謝の絶頂にいたからかもしれません。契約の箱を置く幕屋が、神様のお住まいとしてはあまりにも簡素過ぎると思われたのかもしれません。私も王様のお気持ちがよくわかりました。しかし、私も迂闊でした。新しく何かをする時には、いつも神様にお伺いを立てていました。平和になり緊張感が薄れたせいでしょうか。あの時、自分の思いのまま、王様のお考えに賛同してしまった事です。私自身も、神様の前に悔い改めての一夜が明けました。その日一番で、ダビデ王様のもとへ向かったのは言うまでもありません。

王様は、預言者として、神様のお言葉を取り次ぐ私の言葉に、神妙に耳を傾けうなずいておられました。

 「神様は私に神殿建築をお許しにならなかったが、息子にそれを許してくださった。私の手は血で汚れているからなぁ‥」

それから自嘲するように唇の端をゆがめて、幕屋の中に入って行かれました。

私は王様のことが気になって、その次の日も,、朝一番に王様に会いに行きました。しかしそれは杞憂でした。

「ナタン、私は息子のために最高の建材を用意することにしたよ」

私は、すがすがしいダビデ王様の笑顔に迎えられたからです。そんな王様の清い決断とその信仰の深さに私は感激しました。

f:id:pypyhiyoko:20210413145837j:plain

 

3 後継者問題 

時は流れ、疲れ知らずで戦いに明け暮れた王様でしたが、その精悍だったお体も寄る年波にはかないませんでした。後年、冷え性に悩まされ、心配したご家来衆が美しい乙女を湯たんぽ代わりにと王様の寝所に侍らせました。

ある日、私は顔をしかめるような事を耳にしました。

ダビデ王様の四男アド二ヤ王子様がエン・ゲデで、アド二ヤ様を支持する人たちが招待されて、ご自分の即位式をしたというのです。ご自分を支持しない、私やベナヤ、それに王の勇士たちと、弟のソロモン王子様は呼ばれませんでした。*4

f:id:pypyhiyoko:20210413005539j:plain

 

これは不味いことになる!と私は判断しました。そこで私はバテシェバ様の所に注進に走りました。

「よろしいかな。あなた様と王子様のお命にかかわることです。今すぐ王様の所に行ってこう言いなさい。『王様は息子ソロモンが王様の後を継いで王になるとお約束なさいました。でもアド二ヤ様がエン・ロゲルで即位を祝って祝会をしているそうです。私とソロモンは謀反人として殺されるのでしょうか?」

そこに私が、王様のもとに行って言いました。

「王様はアド二ヤ様を後継者と決められたのでしょうか?今日エン・ロゲルで『アド二ヤ王様、ばんざい!』と叫んでいたと聞きました。これは陛下がご存じのことでしょうか?」

ダビデ王様は、自分のあずかり知らぬことだと、首を振りました。王様の行動は早かった。その日のうちに、祭司ザドクと私と、侍衛長べナヤを呼び寄せて、ソロモン様を王とするための手続きをお示しになりました。私たちはソロモン様をダビデ王様のラバにお乗せし、たくさんの家来たちを引き連れて、ギボンへと急行しました。そして油注ぎの儀式が終わると、ラッパを吹きならしました。

「ソロモン王様万歳!」

  \(^o^)/📯

これで町中がお祭り騒ぎになりました。この事はすぐアド二ヤ王子様の方に伝わりました。状況を知った招待客たちは吃驚して、蜘蛛の子を散らすように居なくなりました。問題のアド二ヤ様は、新王ソロモン様を恐れて命乞いをしたので、家に帰ることができました。

  お家騒動も大ごとにならずに済んで、やれやれでした。

ダビデ王様も後継者問題が解決したので、ソロモン様に遺言を遺されると、気が緩まれたのか、そのまま崩御なさいました。

あ、そうでした、私も預言者ガドのように神殿礼拝の音楽にも関わったんですよ。

f:id:pypyhiyoko:20210413005940j:plain


 

 

 

*1:サムエル記下12章

*2:詩編51篇預言者ナタンがダビデの罪を指摘した時の歌

*3:サムエル下7章、代上17章

*4:列王記上1章

逃亡中のダビデをささえて

「父は君に殺意を持っている。逃げて!」

大親友サウル王の息子ヨナタンは言った。これからどうしたらいいのだ・・一瞬迷ったものの、ダビデの足はノブの町の祭司アヒメレクに向けられました。

アヒメレクは、預言者サムエルが仕えた祭司エリの曽祖父です。彼はダビデのただならぬ様子を見て取って、彼の求めに応じ、パンと武器を与えました。普通のパンではありません。祭司しか食べられない「聖別されたパン」をです。武器はダビデが少年の頃、巨人ゴリアテと戦って得た剣です。

後に、この行為はドエグの告げ口により、サウル王の知る所となりました。

祭司の町ノブを襲い、人も家畜もすべて殺せ!」

「祭司を殺す?!!」

家来たちは二の足を踏んだので、密告者のドエグに命令しました。

f:id:pypyhiyoko:20210408145637j:plain

 

この時、85人もの祭司が剣の下に倒れました。奇跡的にアビヤタルだけが助かって、ダビデと合流できました。それからはダビデと行動を共にし、祭司の務めを果たしました。

これは昔、幼子サムエルが仕えた祭司エリの元に、神の人が現れて言ったことの成就でした。

 「しかし、あなた(エリ)の一族のひとりを、わたしの祭壇から断たない」サムエル上2:33

 ダビデはノブの祭司のもとを後にすると、ペリシテの地に逃げました。敵地です。すぐ兵士に正体を暴かれ、王の前に引っ張り出されたので、咄嗟に狂人を装って難を逃れました。*1

それから、ユダの西部アドラムの洞窟に落ち着きました。ダビデは父の母親である、ルツの故郷モアブのミヅパへ行き、モアブの王に、ことが落ち着くまで両親を預かってもらいました。

その頃ダビデの周りには、約600人ものならず者が集まってきました。ダビデは彼らを訓練し、規律ある兵士に仕立てあげました。

f:id:pypyhiyoko:20210409160226j:plain



そんなダビデ預言者ガドは言いました。

「要害を離れユダの地に行け」

ダビデはユダのハレテの森へ移動しました。

「アドラムにあるケイラの脱穀場がペリシテ人に襲われている!」

毎年、収穫時期を狙っての強奪です。そこはジブの荒野から10キロくらいの近場でした。自分が動けば、サウルに居場所を知られてしまう。悩みました。それで二度も、神様にお伺いを立ててから、助けに向かいました。

一時、感謝されるも、サウル王の非難を恐れ、ダビデはケイラの人に密告されてしまいました。酷い!でもそれは想定内のことでしたから、ダビデはケイラの人々を非難しませんでした。

それからです。サウル王の追跡は激しさを増し、危うい場面もありました。

そんなこんなで「いつか捕まって殺される」と恐怖が募り、あろうことか、敵国ペリシテの、ガテの王アキシの所に身を置きました。「ここならサウル王も追ってはこれまい」ダビデはふんだのでした。滞在期間は1年4か月。アキシ王を巧妙に欺きながらの滞在で、これはこれで大変だったと思います。

その頃サムエルが亡くなりました。

f:id:pypyhiyoko:20210408145934j:plain

 

ペリシテはイスラエルに戦争を仕掛けました。アキシ王は絶大な信頼をダビデに寄せていたので、身辺警護を依頼しました。ビックリしたのは部下たちで、彼らの激しいブーイングで白紙になりました。それで良かったのです。アキシ王が不信をいだくことなく、サウル王と剣を交えなくて済みましたから。神さまの御配慮ですね。

この戦で、サウル王も親友ヨナタンも亡くなりました。

ダビデは神様の導きで、ユダのヘブロンに戻りました。

それから、サウルの子イシボセテと7年間戦って勝利し、晴れて、イスラエル玉座に座ることができました。

預言者サムエルから油注がれた少年時代、そして逃亡生活を経ての玉座ですから、感無量だったことでしょう。

念願だった「神の箱」を取り戻し、平和な日々が続きました。

戦いの中に生きてきたダビデは、いつも次の戦のことを考えていました。

「自国の国力はどうなっているか?」

それで、国政調査を部下のヨアブに命じました。それに対しヨアブは目を見張って言いました。

「神様がイスラエルを祝福しておられます。この上、国勢を知る必要がありましょうか?」

それでも強行したので、後味の悪い思いに悩まされました。これはダビデの神様への不信の表れでした。

f:id:pypyhiyoko:20210408150115j:plain

 

やって来ました!預言者ガドです。(っ´∀`c)

国勢調査をした罪です。三年の飢饉か、三か月の負け戦か、三日の疫病か、一つを選べ!」

ダビデは迷いつつ、断腸の思いで疫病を選びました。

一夜にして7万人が倒れました。神様はそれを憐れみガドに伝えました。

「エブス人アラウナの打ち場と捧げる牛を買い取って、祭壇を造れ」

ダビデはすぐ実行に移し、土地と牛とを買い求め、神様に燔祭としゅう恩祭をささげました。

 

ダビデからソロモンへと王国は受け継がれますが、ソロモンの代でイスラエル王国は分裂し、南ユダ王国と北イスラエル王国に別れました。

 南ユダ王国13代目のヒゼキヤ王の時に、大規模な宗教改革がありました。その時神殿の中から、ダビデ王や預言者ガドと預言者ナタンが書き残した、神殿礼拝音楽の指示書が見つかりました。それをもとにして、礼拝の時にはシンバル、竪琴、琴、ラッパなどで演奏し、聖歌隊ダビデ王作詞の歌を歌ったのでした。

 

f:id:pypyhiyoko:20210408150846j:plain

 

預言者ガド(割り込む→うち勝つ→成功するから→)幸福の意味があり、預言者として先見者として苦しい時代のダビデを支えました。また、自分の生きた時代の歴史書を書き残したようです。同時代に共に働いた預言者ナタンが次回登場します。

 

 

*1:詩編34篇はその時のことを歌ったもの

サムエル、大忙し!

祭司エリの後を継いだサムエルは、精力的に働きました。彼は祭司であり、預言者であり、士師であり、そして二人の息子の父親でもありました。

 

f:id:pypyhiyoko:20210327120650j:plain

 

ラマを拠点として、周期的にべテル、ミヅパをめぐってイスラエルを裁きました。また、細々と生き延びた預言者たちを励まし、統率し、預言者学校では未来の若い預言者たちをも育てていました。そして、家族の待つラマに戻るのでした。と言っても、家族団らんの時はそう持てなかったかもしれませんね。

歳を重ねると、祭司職の仕事を二人の息子にも任せるようになりました。

しかし二人の態度は民を嘆かせ、神政政治に失望し、王政を求める理由の一つになってしまいました。

サムエルは、なんとか民を説得しようと試みますが、民の要求は強く、サムエルを悩ませました。

すると神様はおっしゃいました。

「ベニヤミン族のサウルを初代王とせよ」

それで、ミヅパに12部族の代表者たちを集めて「イスラエル初代の王だ」と宣言しました。サウル王生存中に次期王はダビデだと油を注ぎました。

 

f:id:pypyhiyoko:20210327120730j:plain

 

これでサムエルは時代の転換期、イスラエル神政政治から王政へ、士師の時代から王国への橋渡しをしたことになりました。サムエルは、イスラエル最盛期の輝かしい時代を見ることもなく亡くなりました。

サムエルの養成した若き預言者たちは、イスラエル王国の全土に散らばり、約500年以上も継続しました。

 

次回はサウル王と部下ダビデ(隠れ次期イスラエルの王)の時代に、働いた預言者たちのお話です。

f:id:pypyhiyoko:20210327121908j:plain


 

母の祈り

「長男をお授けくださったら、その子は神様にお捧げします」

 

子宝に恵まれなかったハンナでしたが、祈りにより授かった子がサムエルです。「神の子」「彼の名は神」の意味が含まれています。

 

f:id:pypyhiyoko:20210326153650j:plain

ハンナは息子サムエルが乳離れするまで、毎年行っていた宮参りには参加せず、子育てに専念しました。そして子供が乳離れすると、夫と共に宮もうでに行きました。それはまた、息子サムエルを手放す日でもあり、神様との約束を果たす日でもありました。

日ごとに賢く愛らしさを増す幼子。母として、心中の葛藤やいかばかりか。察して余りあるところですが、彼女の信仰は揺ぎ無く、神様に麗しい幼子をお捧げ出来ることを感謝していました。

 

ラマの北、約24キロのシロには、ヨシュア時代からサムエル時代まで幕屋がありました。サムエルの幼少期はそこで過ごしたことになります。

 

それからの年ごとの宮参りは、幼子にあえる喜びの日となりました。ハンナはそれに続いて5人もの子宝に恵まれたました。これでサムエルは6人兄弟の長男ですね。

 

 サムエル誕生の頃のイスラエルは、信仰的にも政治的にも道徳的にも堕落していました。信仰深い預言者が絶えて久しかったからです。

ある時、一人の神の人が祭司エリのもとに来て、エリの息子の不品行を指摘しました。そして「息子は殺され、エリも死ぬ」と告げました。

 

祭司エリは年をかさね、目が不自由なると、幼子サムエルはエリの目となってお仕えしました。

ある夜のことでした。就寝中のサムエルは、自分の名を呼ぶ声で目を覚ましました。

「祭司様が呼んでおられる」

しかしエリは呼んでいませんでした。そんなことが三回も繰り返された時、もしかして、これは・・と、エリの勘が働きました。

 

「サムエル。今度呼ばれたら、

『僕は聞きます。主よ、お話しください』と言いなさい」

 

その夜サムエルは、神様からお言葉をいただきました。

その内容は先日、神の人がエリに語られた事と同じでした。それは将来サムエルが、エリに変わって、祭司としての働きをもする事の予告でもありました。

 

f:id:pypyhiyoko:20210326204732j:plain

「主が彼と共におられて、その言葉を一つも地に落ちないようにされたので、ダンからべエルシバまで、イスラエルのすべての人は、サムエルが主の預言者と定められたことを知った」

 

ある年のことです。ペリシテ人との戦いで神の箱が奪われ、祭司エリと二人の息子も亡くなりました。サムエルが聞いた預言のごとくでした。そんなこんなで、民の不安が高まった時、サムエルはシロに、12部族の主だった人々を招集しました。

 

「戦に負けた原因は分かっていますか。神の箱はお守りではない。目に見える物に頼るな。イスラエルの神は全能の神だ。目に見えず触れることもできないが、確実に存在しておられる。心を主に向け、悔い改めて祈れ。さすれば神はペリシテ人の手から我らを守られる」

 

 再びペリシテ人が攻めてきた時は、良く晴れ渡った日でした。そこに突然、黒雲が湧きあがり、雷鳴凄まじく鳴り響響き、ペリシテ人に襲い掛かりました。敵は驚き、士気が乱れ、総崩れになりました。イスラエルは、その機を逃すな!とばかりに、一気呵成に攻め立て、敵を蹴散らし勝利しました。それで、かって自国だった土地を取り戻したのです。これに懲りてか、ペリシテ人サムエル生存中は、イスラエルに近づきませんでした。

 

f:id:pypyhiyoko:20210326205424j:plain

 

 サムエルの働きは祭司であり、預言者であり、士師でした。ラマを拠点として、周期的にべテル、ミヅパをめぐってイスラエルを裁き、未来の預言者たちを育てていました。

 

ラマ:サムエルの働きの拠点です。エルサレム北10キロにあって、サムエル生誕の地。そこは彼の埋葬の地ともなりました。

 べテルラマの北8キロの所にあって、預言者学校を建てました。そこからの眺めは最高で、エバル山、ヘブロン、ミツパが見渡せました。

べテルにこだわったのは、アブラハム契約の相続人となったヤコブが、天の梯子を見た場所でした。それに「ヤコブ」改め「イスラエル」と改名した場所でもあったからでしょうか。残念なのは、後に子牛礼拝のメッカとなってしまったことです。

ミヅパ:ラマの西にありましたそこにも預言者学校を建てました。

 

f:id:pypyhiyoko:20210326205856j:plain