ピヨピヨひよこ日記

自分流に聖書を読んでいます。

聖書を自分流で読んでいます。

100年後のことなんか・・・

   「あなたは死にます。

    遺言をお書きになることをお勧めします。」

 

体中に大きな吹き出物が出来、

そこが膿んで、高熱にうなされている人に、

面と向かって宣言できる人は、この人しかいません。

イザヤです。

それを聞いて、「イヤジャー!!」

壁に頭を叩きつけるようにして泣き叫んで祈ったのは、

王ヒゼキヤ。

死後の世界?不確かな恐れ!

だからといって、

別に未練たらしく泣き叫んだわけではありません。

 

王様は今、宗教改革の真っ最中、

ここで死ぬわけにはいかなかったし、

迫り来るアッスリヤの脅威を残したまま、

命尽きるわけにはいかなかったのです。

 

え! アッスリヤは捨て台詞を残して引き上げたのでは?

とゆうことは、この記事、その前の出来事なんだね。

 

預言者イザヤは、悲痛な叫び声を上げる王を横目に見ながら、

こみ上げてくる私情をぐっと抑えて、

王室を後にしました。

照り返しのはげしい日差しを、避けるようにして中庭を歩いていると、

突然、彼の足は止まりました。

かすかな声を耳にしたからで、

イザヤはしばらくじっと、雲ひとつ無い空の彼方に

心の耳をそばだてていました。

そして、くるりと踵を返すと、

すたすたと王の部屋へと戻って行きました。

 

イザヤは神様の声を聞き、

神様はヒゼキヤの涙の祈りを聞かれたのでした。

 

   「あなたの父ダビデの神は言われる。

    あなたの命を15年延長しよう。

    三日目には主の宮に上ることが出来、

    アッスリヤの魔の手から、私がこの町を守ろう。」

 

ヒゼキヤ王は思いもかけないこの言葉に、

なぜかもう、体の底から気力が湧き上がってきて、

瞬きもせずにぐっと、イザヤを濡れた眼差しで捉えていました。

 

   「私が癒され、

    三日目に神殿に上ることが出来るとは、

    素晴らしいことだ!

    しかし、その確かなしるしがありますか?!」

 

   「もちろんです。

    あなたはその一つを選ぶことが出来ます。」

 

ええ!! ぎょぎょぎょ!! ほんまでっか!!

ひよこはつい叫んでしまった!!

だって、日時計を動かしてみせるって!!

日時計は今だって、目にははっきり分からないけど、

時間がたてば、動いたなってわかるけど・・

そんなゆっくりではないみたい。

よく見えるように、きゅ!きゅ!って影を動かすらしいのです。

ええ!! ぎょぎょぎょ!! ほんまでっか!!

 また言ってしまった!!

 

でも王様は真剣そのもの。

 

   「日影が十度進むことは自然の理。

    それが十度、退くとしたら、  

    これはありえないことだ!

    日影を退かせてください!」

 

王様はイザヤを、最新式日時計のそばに案内しました。

遠くで鳥が鳴いています。

柔らかな風がほってった王様の頬をなでてゆきます。

イザヤは日時計の上に左手を広げ、

右手を太陽にむかって指し伸ばしました。

 

   「ダビデの神、主よ!

    あなたが今、ヒゼキヤに約束なさったことを、

    この日時計の影で確かなものとしてください。」

 

突然、ざわりっと風が吹いて、王の頬がひんやりとした。

ハッと、目を開けて、足元の日時計の影を見た。

 

   「おお!! な、なんと!!」

 

王様の目は日時計に釘付け!!

 

   「お分かりですね。

    さあ、その腫れ物の上に干しイチジクを貼りなさい。」

 

f:id:pypyhiyoko:20140615220725j:plain

 

 

イザヤは王様が引き止めるのも無視して、

そのまま帰ってゆきました。

すぐさま王様の治療が始まりましたが、

それはあっとゆうまに終わり、

あとも残らず直ってしまいました。

それからは、何の迷いも無く精力的に仕事をこなし、

宗教改革の他に、貯水池と533メートルの地下水道を作って、

町に水を引きました。

それはアッスリヤの攻撃に備えて、篭城に耐えるためでした。

嬉しい事に、三年後には待望の跡継ぎも与えられました。

 

ある日、久しぶりに預言者イザヤが王の前に立ちました。

 

   「久しぶりではないか。

    どうだ、腫れ物は跡形も無く消えて、

    以前にもまして張りのある皮膚になったぞ。」

 

王様はご機嫌だ。

    「・・どうした?

     なぜ黙っている。

     おおそうだ、アッスリヤの隣国のバビロンから使節が来たぞ。

     遠国からわざわざ、わしの病気見舞いに来てくれたのだが、

     ほれ、このとおりぴんぴんしていたのでビックリしておった。

     それで、両国で手を携えて強敵アッスリヤを倒そうと、

     意見が一致し、意気投合したのだ。

     気さくな、話の分かる使者だったので、

     尋ねられるまま色々と案内して回ったが、

     わが国の財宝に目を奪われていたぞ。

     これでわが国も安泰だ。」

 

    「王よ、主の言葉を聞きなさい。

     あなたが見せて回った宝の総てが、

     バビロンに運び去られる!」

 

    「え!! なぜだ!!

     わが国は、敵国から守られるのでは・・」

 

    「あなたはアッスリヤから守られる。

     しかし、あなたは神様に頼らずバビロンに色目を使った。

     だから、あなたの子供たちもバビロンに連れてゆかれ、

     その王宮で宦官となる。」

 

ヒゼキヤはぶるっと身震いした。

 

     「とにかくわしの時代は平和と安全が保障されているのだな。」

 

王は大儀そうにイスの背に体を預けると、

ふぅぅぅぅ。と息を吐き出して目を閉じた。

 

それから約100年後、小国バビロンが力をつけて、アッスリヤを倒し、

ユダ王国も「バビロン捕囚」とゆう苦難の時代に突入するのですが、

100年後のことなんか、

王様でなくっても、わかりませんものねぇぇぇ。

 

それにしても、王様!!

あなたの最後のお言葉は悲しい!(´∩`。)

 

100年後の世界の有り様を鑑みて、今を見る。

お忙しくって、そんな心のゆとりさえ、

無くしてしまったのでしょうか???